むし歯や歯周病の予防に特化した町田の歯医者「前田歯科医院」の根管治療を紹介

診療時間
出勤日

〒194-0013 東京都町田市原町田6-26-11 岡本ビル2F

LINEのアカウントをお持ちでない方は
お電話にて直接ご予約ください

※お電話は診療時間内にお願いいたします。

  • JR横浜駅 町田駅から徒歩4分
  • 小田急線 町田駅から徒歩4分

診療時間

診療時間
9:30 - 12:30
14:00 - 17:00

【休診日】月曜日・日曜日・祝日

「感染を防ぐラバーダム防湿法で再発防止」
「マイクロスコープを使用した精密治療」
歯を抜かず、歯を残す、世界高水準の根管治療

  • TOP
  • 根管治療

重度のむし歯でも「根管治療」で歯を残せるかもしれません

重度のむし歯でも「根管治療」で歯を残せるかもしれません

むし歯は時間とともにどんどん悪化します。歯の表面のかたいエナメル質からさらに奥の象牙質がおかされるとむし歯の進行がはやまります。そしてその奥の歯の神経に達してしまうと痛みが増します。以前はこの状態にまで悪化すると抜歯が選択されていましたが、現在は「根管(こんかん)治療」を行うことで、歯を残すことができるようになってきています。むし歯をさらに悪化させて抜歯にならないように、歯の違和感に気づいたらできるだけ早く町田市原町田の歯医者「前田歯科医院」にご相談ください。

あなたの歯は、しっかりと治療されていますか?

あなたの歯は、しっかりと治療されていますか?

「根管治療をしたはずなのに痛い」「何度も根管治療を繰り返している」というかたは、根管治療が正しく行われていない可能性があります。
根管は多岐に分かれ人によって形状がさまざまです。肉眼ではその全体の把握が困難で、手の感覚と歯科医の経験での治療となってしまいます。感染箇所の取り残しや処置できるはずの根管の見逃しがある可能性があり、根尖性歯周炎の再発に繋がります。

また、お口の中には無数の細菌が存在しているので、被せ物に少しでも隙間があると歯の中に侵入されてしまいます。
前田歯科医院では、マイクロスコープやラバーダムの使用で、精度の高い根管治療を行っております。

前田歯科医院の根管治療の特徴

根管治療が必要ということは、かなりむし歯が悪化している状態です。そのため、根管内に細菌を残してしまうと再発の可能性が高く、再治療を行うとさらに歯へのダメージが蓄積され、歯を失う可能性が高まります。そうならないように、前田歯科医院では精度の高い根管治療のため、さまざまな工夫をしています。

特徴01 世界基準のラバーダム防湿法による再発防止対策

特徴01 世界基準のラバーダム防湿法による再発防止対策

口腔内にはさまざまな細菌が存在し、根管治療中に唾液を介して内部に入ってしまうと、再発のリスクは50%まで高まると言われています。このリスクを回避するために、当院では、根管治療など神経の治療時には「ラバーダム」というゴムシートを使用しております。ラバーダムを装着すれば、再発のリスクは10%以下まで下げることができます。また、治療中(特に奥歯の治療)は舌や頬が邪魔になり、治療がしにくい場合がありますが、ラバーダムを装着することで歯だけを露出させることができ、根管治療の精度を高めることから、ラバーダムは根管治療では必須器具となります。

特徴02 専門医からの評価が高いマイクロスコープを使用した精密な治療

特徴02 専門医からの評価が高いマイクロスコープを使用した精密な治療

口腔内は暗く狭い上に、根管は小さく細かく深いので肉眼で奥まで確認することは不可能です。精度の高い根管治療を行うために、前田歯科医院では専門医からの評価が高いドイツのカールツァイス社製のマイクロスコープを導入しております。

マイクロスコープはこんなにはっきりと見えます。

一万円札を根管治療で使用するマイクロスコープで表示した際の画像です。このようにはっきりと見えるので、多岐に分かれ細かい根管治療にも正確に対応することが出来ます。

  • 1倍
  • 2.5倍
  • 1倍
  • 2.5倍
  • 2.5倍
  • 2.5倍
  • 1倍
特徴03 質の高い滅菌機器で保つ、滅菌環境

特徴03 質の高い滅菌機器で保つ、滅菌環境

根管治療を行う際に使用する器具は清潔さが重要です。前田歯科医院では、可能なものはすべてディスポーザブル製品を使用し、ディスポーザブルが使用できない機器に関しては、ディスインフェクターによる洗浄・消毒を行った後、滅菌バックに入れ、オートクレーブで滅菌を行い清潔に保っています。滅菌機器にはヨーロッパ規格でもっとも滅菌効果が高いクラスBのオートクレーブを使用しております。

診察から経過観察で根本の原因を解消し、日常を取り戻しましょう

根管治療は特殊な治療で、専門知識と経験が多く求められます。前田歯科医院では大切な歯をできる限り残すために、優れた機器・設備を使用して精度の高い根管治療を行っています。診察から治療、経過観察まで安心してお任せください。

治療方法

前田歯科医院が提供する歯内療法は下記の4つに分けられます。

  • 歯髄保存療法:神経を取らない虫歯治療
  • 根管治療:神経を除去し、細菌や汚染物を取り除く虫歯治療
  • 抜歯:歯を抜き去る治療
  • 外科的歯内療法:歯の根の先に出来た病気に対する外科的な治療

根管治療が大切な理由

根管治療が大切な理由

根管とは歯の中の神経が入っている細い管のことです。根管治療はむし歯が歯の奥深く神経まで達した場合や、以前の治療での取り残しや不完全な封鎖により、細菌が繁殖し歯の根の先が膿んでしまう状態に対して行われる治療です。
どんなにきれいに被せ物をしても、土台となる歯の根の治療がしっかりとされていなければ再発し、治療のやり直しや最悪の場合は抜歯をしなくてはなりません。
歯を長く残すためには、土台となる歯の根の精密な治療が大切です。

このような症状があるかたは根管治療が必要かもしれません

  • むし歯でズキズキ痛くて眠れない
  • 歯がしみる・違和感がある
  • 昔治療した歯が噛むと痛い
  • 歯茎が腫れてきた
  • 歯茎や歯の根を押すと痛みがある
  • 歯茎から膿が出ている
  • 顔の形状が変わるほど腫れる
  • 歯になにかが当たるだけで飛び上がるほど痛い

根管治療の成功率が低い理由

根管治療の成功率が低い理由

日本の歯科治療の中で、根管治療はほかの先進国と比べて最もレベルが低いと言われています。
根管治療は大きく分けて3つのパターンがあり、初めて神経を取る「抜髄治療」、細菌に再び感染してしまい再治療を行う「再根管治療」、再根管治療で完治しなかった根の先の病変を直接治療する「外科治療」があります。
アメリカなどの歯科先進国では90%成功すると言われている「抜髄治療」の日本での成功率は50%程度と言われています。
ここまで差が出てしまうのには2つの理由があります。

理由1:根管治療を専門的に行う歯科医師が少ない 理由2:根管の中は細くて暗く、人によって違うので治療が難しい
実は歯科でも、医科が内科・外科などの診療科目で分かれているのと同じようにさまざまな分野があります。海外の先進国はそれぞれに専門医がおり、チームを組み自分の専門領域に特化するのがスタンダードです。
逆に日本では、ほとんどの治療を1人で行うので、すべての処置を覚える必要があり一つの分野に特化することが非常に困難です。
根管治療にはかなりの修練を積まなくては技術が身につかず、歯科医師のスキルと経験が成功率に大きく影響します。専門的に根管治療を行う歯科医のいない日本では、成功率は上がりづらいです。
根管の本数や形状は人によってさまざまです。その上、細くて暗いので肉眼で治療する場合は手探りになってしまい、細菌を取り残すことが非常に多いです。マイクロスコープで拡大治療を受けることで、拡大し明るい環境での治療が可能となり、細菌の取り残しを防ぐことができます。

自費治療で歯を残す

自費治療で歯を残す

根管治療を行う際は自費診療をおすすめしています。保険診療と自費診療の違いは、マイクロスコープ・ラバーダムの使用が可能か否かです。高い精度が求められる根管治療では、マイクロスコープやラバーダムの使用で、成功率は格段に上がります。

根管治療の料金表

治療費とは別に診察料が毎回5,500円(税込)かかります。

精密根管治療(前歯) 88,000円(税込)
精密根管治療(小臼歯) 110,000円(税込)
精密根管治療(大臼歯) 132,000円(税込)
歯髄温存療法 55,000円(税込)
ファイバーコアのみ 33,000円(税込)
メタルコアのみ 44,000円(税込)

根管治療に関するよくある質問Q&A

保険診療でできますか?
保険診療でも治療は可能です。
ですが、マイクロスコープやラバーダムの使用は出来ません。
分割払いもできますか?
はい。可能です。
クレジットカード・デンタルローンが使用可能です。
歯が割れている場合でも治療はできますか?
歯が割れている場合でも治療ができる場合があります。まずは診察にいらしてください。ただし、歯が割れた状態で治療を行った場合後々歯が折れてしまう可能性があります。
自費の根管治療後に保険で被せ物(クラウン)をすることは可能ですか?
保険診療のルール上、自費の根管治療後は自費での治療になります。
自費根管治療 8万~12万円(税抜)
自費クラウン 8万~20万円(税抜)
の両方がかかります。※治療費とは別に診察料が毎回5,500円(税込)かかります。
他院で自費の根管治療(マイクロスコープ)を受けました。ラバーダムはしていなかったのですが問題ありませんか?
根尖性歯周炎が再発する可能性が高いです。根管治療の目的は歯の中にいる細菌をできるだけ取り除き、歯を残すことです。ラバーダムをしないということは、細菌が入ってしまいます。ラバーダムの使用は根管治療では必須事項です。ラバーダムをできない=抜歯です。

お支払い方法

前田歯科医院では下記のお支払い方法をご利用いただけます。詳しくは当院の受付スタッフにお尋ねください。

現金
現金
現金によるお支払いが可能です。
クレジットカード
クレジットカード
VISA・MASTERCard・JCB・AMERICAN EXPRESS・ダイナースなどのカードがお使いいただけます。
デンタルローン
デンタルローン
アプラスのデンタルローンによる6回~84回
(6ヶ月~7年)の分割払いが可能です。
※ご利用には審査が必要です。
※お申し込み内容及び他のご利用状況によりましては、ご希望にそいかねる場合や条件の 一部変更をお願いする場合がありますのでご了承ください。なお、審査の結果の詳細に つきましてはお答え出来ませんので、あらかじめご了承のうけ、お申込みください

デンタルローンの
お申し込みについて

デンタルローンのお申し込みはURL・またはQRコードからデンタルローン専用サイトにてお申し込みください。
お申し込み時に下記の「お申し込みコード」が必要となります。

デンタルローンのお申し込みについて
お申し込みコード
07806425

CONTACT

「新型コロナウイルスが心配で歯医者に行けないかた」も「歯医者が苦手で行けないかた」も、安心してご来院頂ける体制を整えております。ご予約はお電話もしくはLINEからお願い致します。

重度のむし歯でも歯を
諦めないでください
できるだけお早めに
ご相談ください
ご予約はこちらからどうぞ

ACCESS
アクセス

  • JR横浜線「町田駅」から徒歩4分
  • 小田急線「町田駅」から徒歩4分

〒194-0013 東京都町田市原町田6-26-11 岡本ビル2F

to top

はじめにお読みください
LINEから事前のお問い合わせ、ご予約ができます。
※返信にお時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。
※「友だち追加」だけでは予約は完了していませんので、下記必ずお読みください。

はじめにお読みください

はじめにお読みください
左のQRコードをスキャンまたは
下のボタンをタップしてください。
はじめにお読みください

TEL:042-726-8021
【診療時間】9:30 - 12:30 / 14:00 - 17:00
【休診日】月曜日・日曜日・祝日