50代女性 奥歯の欠損で低くなった噛み合わせをジルコ…|お知らせ・ブログ|むし歯や歯周病の予防に特化した町田の歯医者「前田歯科医院」の症例

〒194-0013 東京都町田市原町田6-26-11 岡本ビル2F

新規の患者様も直接お電話でご予約ください。
※お電話は診療時間内にお願いいたします。

友だち追加

  • JR横浜駅 町田駅から徒歩4分
  • 小田急線 町田駅から徒歩4分

診療時間

診療時間
9:30 - 12:30
14:00 - 17:00

【休診日】月曜日・日曜日・祝日

BLOG

50代女性 奥歯の欠損で低くなった噛み合わせをジルコ…

50代女性 奥歯の欠損で低くなった噛み合わせをジルコニアの「延長ブリッジ」や被せ物で改善した症例

before

after

 

ご相談内容

「他院で奥歯を3本抜き、その後は入れ歯を作ることを提案された。入れ歯以外の治療方法を聞きたかったが、今通院しているところでは相談しにくくて悩んでいたところ、インターネット検索でこちらを見つけたのでセカンドオピニオンとして受診した」とご相談いただきました。

カウンセリング・診断結果

拝見したところ、他院で抜歯された部分(右上奥歯1本、左上奥歯2本)を含めて上左右の奥歯4本(第1大臼歯/6番、第2大臼歯/7番)が欠損していました。
奥歯の欠損が原因で噛み合わせの位置が低くなっており、しっかりと噛むことができなくなっています。

入れ歯以外の方法で治療を行う場合は、噛み合わせのバランスを整えなければならないため、部分的な治療では難しく、下の歯も含めた全体的な治療が必要であると診断しました。

行ったご提案・治療内容

全体的な噛み合わせのバランスを整える治療方法として、歯が欠損している部分の顎の骨に人工歯根を埋める「インプラント」と、歯をきれいに並べるための矯正治療を提案しましたが、患者様はどちらも希望されませんでした。

そこで、上顎には抜歯した部分を埋めるために隣の歯を一層のみ削り、その歯を支台として人工歯をつなげる「ブリッジ」を使用する治療、下顎には新しく被せ物を作製する方法を提案したところ、了承いただきました。
上顎は欠損している上左右の奥歯(第1大臼歯)の奥側で隣り合う歯(第2大臼歯)も同じく欠損しているため、手前側で隣り合う歯(第2小臼歯/5番)のみを支台にする「延長ブリッジ」を選択しています。

まずは噛み合わせの高さを上げるために、ロウ素材でできた歯の模型「ワックスアップ」を使用しながら、全体的な噛み合わせや歯の形を測定し、噛み合わせを高くしても問題がないかを確認します。

次に最終的な被せ物を入れる治療として、上左右の歯10本(中切歯/1番、側切歯/2番、犬歯/3番、第1小臼歯/4番、第2小臼歯)と下左右の歯14本(中切歯、側切歯、犬歯、第1小臼歯、第2小臼歯、第1大臼歯、第2大臼歯)の表面にあるエナメル質を一層削ってから、ワックスアップで測定した噛み合わせをもとに作製した仮歯「プロビジョナルテンポラリークラウン」を装着しました。

その後、上顎には上左右の歯2本(第2小臼歯)を支台にして、第1大臼歯用の人工歯「ポンティック」をつなげた歯12本分の延長ブリッジを装着しました。また、下左右の歯14本は新しい被せ物を作製し直しています。
上顎の延長ブリッジと下顎の被せ物の素材には、天然歯のような白さで強度もある「セラミック」の中でも、特に強度や審美性に優れている「ジルコニア」を使用しました。

その後、使用感や噛み合わせに問題がないことを確認し、治療を終了しました。

術後の経過・現在のご様子

奥歯が補われたことで噛み合わせが改善し、ジルコニアで作製した延長ブリッジと被せ物は周囲の歯になじんでいます。

患者様には「治療を始めてから5年近くかかったが、先生や歯科衛生士さんたちが丁寧に接してくれたおかげで、通院が苦にならなかった。治療後は以前とは見違えるほどきれいになったし、噛み合わせもよくなってうれしい」と大変お喜びいただきました。

現在は、定期的なメンテナンスで通院いただいています。

この治療のリスクについて

・ブリッジの装着に際し、天然歯を削る必要があります
・土台となる歯に負担がかかるため、将来的に歯が揺れたり、歯の根が割れたりする可能性があります
・硬い素材の場合、他の天然歯を傷つけることがあります
・噛み合わせや歯ぎしりが強い場合、セラミックが割れる可能性があります
・一部の治療を除き、自費診療(保険適用外治療)です

  • 年齢・性別50代女性
  • 診療種別自由診療
  • 治療期間の目安5年
  • 治療回数の目安
  • 治療費総額の目安4,081,488円

「診断用ワックスアップ」

 

「プロビジョナルテンポラリークラウン」

to top

友だち追加